ホクロのレーザー治療とは


ホクロ取りの方法としてよく耳にするのがレーザー治療です。
レーザー治療とはホクロを取り除くときに、人口的に作り出した強い光をホクロにあてておこなうもので、比較的よく知られています。
その原理はホクロの細胞の中の水分とレーザーの光が反応して蒸発させる仕組みです。
この細胞の中の水分に反応するレーザーが炭素ガスレーザーです。この炭素ガスレーザーと黒い色素だけに反応するレーザーと組み合わせることでホクロ取りをするのです。
またもうひとつよく利用されるものに「高周波発生装置」があります。
この高周波発生装置を使うと出血が無く、傷の治りが早いのが特徴で、電気メスで電流により発生した熱でホクロを蒸発させます。
どの方法でも局所麻酔をしてくれますので、痛いということはありせん。
レーザー治療は顔にたくさんできている小さなホクロなどを取る場合に短期間で済むので適しています。
また直径5ミリ以下の平らなホクロに最も有効だといわれています。
ホクロのレーザー治療の仕上がりですが、直径3ミリくらいまでならキレイに取れ、5〜6ミリのものでも一度の治療で半年後には目立たなくなるでしょう。
レーザー治療の後、1週間程度でかさぶたが剥がれ3ヶ月くらいで腫れ・赤みがひいてきます。1年くらいすると近くで見てもわからないようになります。
1度のレーザー治療で完全にホクロを取り除けるのは5ミリ程度のホクロまでで、治療後の後も目立たなくなります。
けれどホクロが深いと何度か治療を繰り返さなければならないでしょう。
レーザー治療の特徴を知って自分に合った治療・病院選びをするとよいでしょう。

メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/10189469

この記事へのトラックバック
脚痩せるんるん♪美脚の創り方