美肌を保つための基礎知識


美肌を手に入れるためにまず、潤いを保つことが重要になってきますが、そのためにはセラミドという成分が必要です。
セラミドは、若い10〜20代の角質には充分あって肌は常に守られていますが、加齢とともに失われていくため、潤いを保つにはやはり外から補助していく必要があるのです。
そのため、30代40代になっても若いころのようなスキンケアを変えなければ、肌の潤いを保持していくことは不可能で、思わぬ肌トラブルを招くことにもつながりかねません。
美肌作りのもうひとつの大切な条件、ハリを保っていくためには、年齢とともに衰えやすい顔の筋肉を鍛えるために、顔のマッサージをしたり顔の運動をすることも効果があるのです。
マッサージするときのポイントは、手を上に持ち上げるように動かすことで、これにより顔の筋肉が下がるのを防ぐことができます。紫外線の影響も充分にありますので、日焼け止めや化粧品の使用も効果的です。
人の顔の血液の量は、季節によって多少変化をするものです。
暖かくなる春は、顔の血液量は減りだし、逆に気温が下がりだす秋は、血液量が増えるようになります。
これは、体が温まると冷やそうとし、冷えると温めようとするからだの調整機能なのです。
この血液の量の上がり下がりと、気温の上昇にずれが生じると、肌のバリア機能が低下して美肌作りに影響が出てきます。
角質層は、このような美肌作りのためのバリア機能の働きを担うものです。
角質層の水分を保つことが美肌には何より大切なわけで、そのため水分補給、保湿ケアが重要になってきます。

メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/10189946

この記事へのトラックバック
脚痩せるんるん♪美脚の創り方