これであなたも美肌になれる


美肌という言葉はよく耳にしますが、その意味をきちんとわかっているとあなたはいえますか。
潤い、滑らかさ、ハリ、弾力、血色、ツヤこの6つ全て揃うと美肌と呼べます。
肌に水分がたっぷりある状態が「潤い」の意味で、触ったときの感じ方で望ましいのが「滑らかさ」です。
肌がたるんだりせず、ぴんと張った状態が「ハリ」のある肌で、肌を押してみて、押された肌がすぐに戻るような状態が、「弾力」を持っているといいます。
肌の血色とはうっすらと赤みを帯びた状態をいい、つやのある肌とは、剥きたてのゆで卵のような、つるつるした肌をいいます。
お肌を保護・改善していくためには、サプリメントなどでその内側からケアしていくこともできますが、もっと身近な方法を、入浴時に行うこともできます。
スキンケアをしているつもりでも、一向に肌がきれいにならない場合は、もしかしたらその方法が間違っていたり過剰になっている場合があるので、見直してみることも大切です。
そんな間違ったスキンケアのせいで、しわやしみを作ってしまうこともありうるので、まず正しい方法で美肌作りをしていきましょう。
まず、美肌に重要な「水分」これは忘れてはいけない第一条件で、水分は、酸素や栄養を細胞に届ける働きがあります。
水分を摂って、細胞が活発に働けば皮膚が生まれ変わるサイクルも正常になります。
皮膚は一般に28日で生まれ変わるといわれていて、新陳代謝が悪ければ、もっともっと時間がかかるわけです。
そうやって内側からキレイを目指してこそ美肌は生まれるのです。

メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/10190107

この記事へのトラックバック
脚痩せるんるん♪美脚の創り方