メイクを崩さない肌作り


季節や環境に左右されて、メイクは皮脂が浮き出ると崩れるものです。
お化粧崩れが気になって、たびたびトイレに行っては時計を気にしながら手直しをする、というようなことをいつもしなければならことが、悩みの種になっている、という人もいるでしょう。
カラカラに乾燥していれば、お肌のトラブルが気になるしメイクの馴染みもよくないし、逆に、脂っぽければ崩れてしまう。
そのような問題がなくなって初めて崩れにくいメイクが完成します。
そんな悩みも日ごろちょっと手をかけることで少しは変わるはずで、まず、化粧崩れしにくい肌質へと改善するように努力してみましょう。
そのためには、清潔であること、保湿されていること、保護されていることが重要です。
そんな化粧崩れをおこしにくくする肌質改善のルールを4つご紹介します。
まずそのひとつは、寝ている間に出た汗や皮脂汚れをきれいに落とす、朝の洗顔が大切で、ミルククレンジングなどを使うのもいいでしょう。
さらに、水分補給で、毛穴や皮脂が気になる場合は、ローションパッティングを入念に行ないます。
さらに、油分補給で、ベタベタを嫌がって、油分を補給しないのはいけません。
油分がどうしても気になるときは、ティシュで軽く吸い取れば、それで充分です。
さいごに、肌の水分と油分のバランスを均一にすることで、それにより肌のトラブルをかなり軽減することができるのです。

メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/10365204

この記事へのトラックバック
脚痩せるんるん♪美脚の創り方