レーザー治療でホクロ取り


早くてきれいにできるということが、ホクロ取りの場合のレーザー治療のメリットとしてあげられるでしょう。
1回あたり数分で完了し、短時間で終わるので学校・会社・家事などにそれほど影響はありません。
メイクもテープの上からすることになりますが、範囲としては小さなもので上からファンデーションを塗ればぱっと見ただけではわからないほどです。
レーザー治療のせいでホクロ以外の皮膚を傷めたという事例はほとんどなく、傷跡も残りにくいので、ホクロをとる方法としては安全なものでしょう。
ただホクロの状態によって施術回数が多くなってしまうことはあり、これだけはレーザー治療のデメリットといえるかもしれません。
皮膚の深いところまであるホクロもありますから、傷跡を残さないようにするためには、何度かに分けてレーザーを当てる必要が出てくるのです。
ホクロの組織が残ったりすると、とまた再発してしまう恐れもあるので、一度治療してまた再発しそうな場合は再びレーザーを当てるようになります。
ホクロ取り治療をした後、アフターケアを少し長くしなければならないことも、少々面倒だという人もいるでしょう。
それでも基本的には消毒とテープの張り替え、色素沈着を防ぐ塗り薬、化膿止めの飲み薬の服用などで、そう難しいことではありません。
その代わり赤みが引くまで一ヶ月、その後数ヶ月から半年くらいは患部を紫外線に当てないようにすることは守らなければなりません。
このようにレーザー治療によってホクロを取る場合、メリットもあればやはりデメリットもあります。
それをきちんと理解したうえで、レーザー治療をするかどうか考えてみ見るといいでしょう。

メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/11084213

この記事へのトラックバック

やっぱり気になる?ホクロ
Excerpt: ホクロって、気になりだしたらきりが無いですよね。他人には全く気にならないことでも、自分ではスゴく気になって、コンプレックスになってしまう場合もありますよ。最近では、ホクロを除去する人も増えているそうで..
Weblog: ホクロの悩み
Tracked: 2009-07-02 14:25
脚痩せるんるん♪美脚の創り方