正しい洗顔方法の基本について


日々の習慣のように私たちが必ず行っている洗顔ですが、意外にその正しい方法は知られてはいないものです。
そのやり方ひとつで後々の肌の状態も変わってくるといわれる洗顔ですが、それでは基本的な洗顔方法はとはとういうものでしょうか。
洗顔方法の基本は、まず髪の毛を顔にかからないようにゴムやヘアバンドですっかりとまとめておきます。
それから、洗顔料の泡立ちをよくするために、洗顔の前には自分の手をきれいに洗っておくことを忘れないようにしましょう。
顔は、洗顔料をのせる前に少し湿らせますが、このときぬらしすぎない方が良く、一度水をつけて軽く拭き取ったくらいの湿らせ方が適当です。
少し湿らせておく理由は、乾いたままの肌は弱酸性で、それにいきなりアルカリ性のものが触れると強い刺激を与えてしまうことになるからです。
洗顔の前に濡らしておくことは、汚れを泡に巻き込みやすくなるということで、洗浄効果も高まります。
洗顔料はとにかく良く泡立たせることが大切で、キメの細かい泡が汚れを落としてくれます。
洗顔料がしっかり泡立てられてないと、肌の余分な皮脂も奪われることになり、もっと皮脂を分泌してしまいます。
泡を転がすように、指を直接肌に触れさせない程度の洗い方がよく、軽すぎると思うくらいでがちょうどいいのです。
しっかり洗いたいと思い、あまりに強く洗いすぎると、肌がアルカリ性へ近づき、抵抗力が落ちることになります。
洗顔後は水でよくすすぎ、洗顔料が残らないようにして、すすいだ後はきれいな柔らかいタオルで軽く水気を吸い取りますが、そのときもゴシゴシこすらないようにしましょう。

メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/11084433

この記事へのトラックバック
脚痩せるんるん♪美脚の創り方