にきびとはなんですか?


にきびは皮脂が多く分泌される部分にできやすいもので、皮脂を分泌する毛穴が詰まると、それが原因でできるのです。
詰まった毛穴の中に脂や角質が溜まり、この状態が黒にきび(毛穴が開いて見えている状態)または白にきび(毛穴が閉じている状態)と呼ばれるものです。
皮膚に常在している菌、つまり細菌が作用すると、今度は赤いにきびが作り出されます。
この細菌が皮脂を好むため、詰まった毛穴の中では徐々に増えていき、皮膚の中でタンパク質を刺激するといいます。
それから炎症が起きて赤くなったり、膿がたまり黄色い部分ができるのというのが、にきびが発生するメカニズムなのです。
にきびがさらに進行すると、毛穴が破れて中身が流れ出し炎症が起こることもあります。
こんな皮膚の深い部分が傷ついてる状態だと、炎症が治ってもにきび痕として残ってしまうこともあります。
にきびは、毛穴のつまり以外にも不規則な生活や、暴飲暴食、ストレスなどもその原因になるといわれています。
また生理前になると、ホルモンのバランスが崩れて一時的ににきびができやすくなるような体質になるときもあり、それが原因でにきびが増えることもあります。
にきびの出来るところは、頬や顎、鼻の頭などの顔ばかりではなく、首背中、うなじなどに出来ることもあります。
にきびの場所によって、対処方法はそれぞれ違ってくるので専門医に相談しましょう。
皮脂の分泌の活発な毛穴がふさがれると部分的に雑菌が繁殖してしまい、それが元で皮膚の中で炎症を起こしてしまう、これがにきびなのです。

メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/11410270

この記事へのトラックバック
脚痩せるんるん♪美脚の創り方