にきびのケアについて


様々な原因により発疹ができて炎症を起こす症状がにきびです。
思春期以降のにきびは、ふきでものともいいますが、にきびの症状は同じです。
主に皮脂腺の多い顔や頭、胸、背中にできますが、顔のにきびはコンプレックスの原因にもなり、深刻な悩みに発展することもあります。
にきびのできるできないは体質によって違いますが、比較的皮脂腺が活発である人はにきびができることが多く、ケアも必要です。
特ににきびができやすい時期だといわれている初夏、そして初秋には、にきび対策をしっかりしておきましょう。
にきびができやすい思春期は、ホルモンのバランスが変化するからなので、そのにきびは自然に収まっていきます。
成人以降にできるにきびは、ストレスや乱れた生活習慣、そして乾燥などが原因になったりします。
また便秘のせいで体の中に毒素がたまってそれが体表面に移動し、そのせいでにきびができることもあります。
顔ダニのせいでにきびができるという話も聞きますが、間違ったケアをしなければ顔ダニは害をもたらすものではなく、顔のあまった皮脂を食べることもあるというくらいです。
にきびはできてしまってからの処置を誤ると、逆に悪化したりにきび跡ができたりするので、気をつけなければなりません。
にきびを正しい方法で処置しないと、色素沈着になったりクレーターのように跡ができたりします。
適切なケアで肌を大切にし、食生活や生活習慣も乱れないように気をつけるようにすれば、にきびもできず肌は健康でしょう。

メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/13143057

この記事へのトラックバック
脚痩せるんるん♪美脚の創り方