にきびのケアと食生活


にきびケアのためには、食生活を正していくことも大事です。
にきびを作ってしまうような食生活とは、どんなものなのでしょうか。
にきびを作りやすい食べ物、にきびの元となる皮脂を分泌しやすい食べ物を意識して控えることでにきびケアになります。
にきびケアのために食生活から考えるには、にきびの元となるような食べ物を控えることですが、それでも健康な体を維持していくためには、体に必要な栄養素はきちんと摂っていかなければならないのです。
適正な食事の量を心がけ、バランスの良い食生活をすることが、にきびのケアにはよい結果となります。
フライや天ぷらなどの油ものや、肉類などの動物性脂肪は血中の中性脂肪を増やし、皮脂の分泌を促します。
肉類よりは魚、という選び方のほうが、にきび予防のためにはなるでしょう。
ご飯やパンなどの炭水化物も、消化されると糖分になり、それから油分へと変化するので、最終的には皮脂の元となるのです。
何気なく主食としてたくさん食べてしまう炭水化物ですが、にきびのためには食べすぎは控えなければなりません。
甘い食べ物も消化作用によって糖分から油分に変わり脂肪や皮脂になりますので、取りすぎに注意しましょう。
飲酒も大人のにきびの大きな原因で、にきびにつながる糖分をたくさん含んだ酒類は、さらに皮脂の代謝に働きかけるビタミンB群を消費してしまうのです。
飲酒は過ぎると内臓へも負担をかけることになり、生活習慣も乱してしまい、肌のストレスの原因となります。

メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/13212824

この記事へのトラックバック
脚痩せるんるん♪美脚の創り方