にきび予防になる洗顔法


にきびを予防するために、正しいスキンケアを行うことは最も大切なことです。
にきび予防には洗顔は欠かせないもので、これにより余分に出た皮脂が洗い流され、余計な角質も取り除かれて、きれいになるのです。
にきびを予防するのに使う洗顔料は、できるだけ添加物の入っていない、そして肌への刺激が少ないものを選びましょう。
人間の肌は元々弱酸性なので、PH値を乱し肌に余計な負担をかけることのないよう、にきびケアには弱酸性の洗顔料が理想的です。
にきび予防になる洗顔法は、まず33℃〜37℃程度のぬるま湯で肌を十分に濡らし下洗いをします。
このぬるま湯であることが効果を生み、ざっと汚れを落としながら毛穴を開かせ、さらに細かい汚れが落ちてにきび予防になります。肌の潤いを失わないため、皮脂を落としすぎないためにも、お湯は熱すぎないほうがいいのです。
乾燥肌の人の場合、お湯はもっとぬるくてもよく、すでにこの下洗いだけで汚れは70%は落ちるといいます。
下洗いを済ませたら、洗顔料を使って本洗いをしますが、このときしっかり泡立てましょう。
洗顔料でしっかりと泡を作ることは重要で、弾力性のあるクリーム状になるまで泡立てることで細かな泡の粒子ができ、これが毛穴まで入り込んでにきびの原因になる汚れや皮脂を取り除きます。
手でゴシゴシこすらず、手が肌にあまり触れないように優しく洗ってケアしましょう。
洗顔料は肌に残るとにきびを作ってしまうことになるので、すすぎもしっかりし、洗顔の時間の倍くらいを目安にすすぎ、最後にタオルでこすらないように、軽くぬぐうようにして水分を取りましょう。

メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/13213198

この記事へのトラックバック
脚痩せるんるん♪美脚の創り方