日焼けと日焼け止めクリーム


日焼けは、皮膚が紫外線にさらされることで、皮膚に赤い炎症が起きてしまうことをいうのです。
メラニン色素が皮膚表面に沈着することも日焼けといいます。
日焼けが発生するのは、太陽によって紫外線が皮膚に照射されたとき、また紫外線の人工灯を使ったときにその照射が激しかったときに起こります。
メラニンの保護能力というものは、皮膚が受けた紫外線から保護できなかったりすると、日焼けにつながります。
肌が白い人は、肌が黒い人と比べてみると、日焼けしやすいのは、このメラニンの保護能力が少ないからです。
紫外線こそが日焼けを起こす原因そのものです。
短波長紫外線、中波長紫外線、長波長紫外線、これらの3つが紫外線を分けている種類です。
こんな日焼けの根源である紫外線は、発がん性物質を含んでいるといわれているので、外で長時間過ごさなければならないときは、UVカットの日焼け止めなどが必要です。
日焼け止めクリームなどを使用すると、肌は紫外線からのダメージを直接受けないですむのです。
日焼け止めクリームには、たいてい日焼け後の肌のほてりを抑えるような効果も持っています。
このごろの日焼け止めクリームはのびもよく、白くなってむらができたりもしないので、大変使いやすくなっているようです。
以前よりずっと使いやすいようになっているので、外出の際もいつも携帯して塗るようにするといいでしょう。

メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/14093030

この記事へのトラックバック
脚痩せるんるん♪美脚の創り方