日焼けの原因と対策


紫外線は日焼けの元であるといいますが、紫外線それだけで日焼けができるわけではありません。
日焼けは、紫外線が皮膚に当たることで、皮膚の中の基底層という部分でメラニン細胞が、紫外線からメラニン色素を作り出すことで起こります。
メラニン色素を作り出すことで、シミ、そばかすも同様に出来ます。
紫外線の種類には代表的なものに2つありUVBとUVAと呼ばれています。
皮膚が赤くなって日焼けするのがUVBの働きで、黒くなって日焼けするのはUVAの働きです。
紫外線のせいで、毎日の暮らしの中でも日焼けをすることになるのです。
この紫外線から肌を保護するために、外へ出るときは日焼け止めのクリームなどを忘れないようにしましょう。
日焼け止めクリームを塗るときに肌が白っぽくなってしまうのを気にして、薄く塗る人が多いようです。
けれどもあまりに薄く塗ると普通の化粧と同じように落ちやすくなり、汗を拭いたりすると完全に取られてしまうこともあるのです。日焼け止めとしての効果を期待するにはこれではだめです。
日焼けをしないためなのですから、やはりクリームはしっかり塗り、さらに2,3時間おきに塗りなおすようにすれば、日焼けを防止するのに効果は絶大です。
いつでも携帯して、外出の際にすぐ塗りなおしもできるようにしましょう。

メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/14126548

この記事へのトラックバック
脚痩せるんるん♪美脚の創り方