日焼けと皮膚の関係


日焼けからイメージされるものは様々ですが、皮膚のためには、あまりよくないこともあるのです。
昔と違い、今では日焼けをして小麦色になった肌をただ健康的というイメージだけでは見ないようになりました。
日焼けによる体へのダメージがクローズアッされており、日焼けによって白内障の原因になる場合もあるようです。
日焼けとは紫外線が皮膚の内部に入ってきた場合に、皮膚からメラニン色素が生まれ、そのまま入り込もうとするのを防ぐためにおきる現象なのです。
日焼けのせいでしみやしわができると、それは老化につながってしまうので、女性も20代をこれば気をつけなければなりません。
日焼けをする環境の中で唯一良いといわれているのが太陽の光です。
人の体が太陽の光を浴びると、体内ではビタミンDが作られるため、体が元気になっていいといわれるのです。
慢性障害のひとつである光老化は、紫外線をあまりに長い間浴び続けたことでおきるのです。
これは歳をとったあとで、色素斑しみやしわを引き起こし、また皮膚の良性腫瘍、悪性腫瘍なども起こすこともあります。
最近の調べでは、紫外線によって皮膚の免疫反応が低下させられてしまうということです。
皮膚の弱い人の中では普通の人では何ら問題ない程度の日光でも色々な皮膚障害症状が出る光線過敏症も紫外線で起こることが多いようです。
こんな悪影響もある日焼けであれば、あまり度を越さず、健康にいいくらいの日の浴び方ができるといいでしょう。

メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/14164688

この記事へのトラックバック
脚痩せるんるん♪美脚の創り方