日焼け止めクリームの成分


日焼け止めクリームを構成している成分は、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤という2つの成分なのです。
紫外線から肌を守ることが、日焼け止めクリームの成分のひとつ、紫外線散乱剤の役目です。
紫外線散乱剤が働くと、紫外線が反射されることで、肌は日焼けから守られることになります。
紫外線から肌を守る役目をする紫外線散乱剤は紫外線吸収剤に比べて肌への負担が少ないのも特徴です。
紫外線吸収剤の量が少なめになっている日焼け止めクリームの場合、紫外線カットの力は弱いでしょう。
ほとんど紫外線散乱剤でできていると考えてもいいでしょう。
紫外線吸収剤の力は、その名前の通り、紫外線を吸収することなのです。
もうひとつ、紫外線が肌の中に入り込んでしまわないように、紫外線を熱エネルギーに変化させるという力も持っています。
このような力を持った紫外線吸収剤ですが、紫外線を吸収するという力が酸化を起こすため、肌へよくない影響を与えてしまうのです。
そのため使用頻度が高くなればなるほど、肌にストレスがかかって肌が荒れてしまうかもしれません。
紫外線カット力の強い日焼け止めクリームは、日焼け防止には大きな見方といえます。
けれども肌に与える負担を考慮すると、使用には注意が必要です。

メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/14293281

この記事へのトラックバック
脚痩せるんるん♪美脚の創り方