まぶたたるみの理由


筋肉の衰えや肌のたるみによって、まぶたのたるみは発生します。
まぶたはたるみが出て目元のあたりまで落ちるようになると、目元の感じが重たくなってしまいます。
また、狭まった視界を開こうとまぶたに力を入れて目を開こうとするため、額や眉間にシワが刻まれやすくなります。
目つきの印象はまぶたのたるみにも左右され、たるみが原因で目つきが悪く見えるときもあります。
まぶたたるみの症状が進むと眼精疲労や肩こり、偏頭痛にもつながります。
まぶたは筋肉の力で持ち上げられていますが、その力が弱まると、まぶたはたるんでしまうのです。
正面を向いた時でも瞳孔の部分までままぶたが覆ってしまう状態を眼瞼下垂といいます。
この眼瞼下垂の症状がさらにひどくなってものを見るために下あごをあげるほどになると、頭痛や吐き気を訴えるようになることもあるのです。
先天的に眼瞼下垂の人もいれば、後天的になる人もいます。
後天性は加齢によるものやコンタクトレンズの長期装用やテレビゲーム、パソコンによる目の酷使によっても引き起こされます。
まぶたというものは顔の中のほかの部分と比べても、特別皮膚が薄く、乾燥しやすくてハリも失いがちなので、その皮膚はたるみやすいというわけです。
人の顔の中でも特に繊細なのがまぶたで、皮膚にハリがあり、筋力もバランスが取れていて、そして脂肪も適度にあるという状態が崩れると、たるみにつながるのです。

メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/14333404

この記事へのトラックバック
脚痩せるんるん♪美脚の創り方