まぶたたるみの予防とケア


まぶたのたるみといっても、まだそれほどひどくはなく、皮膚自体がたるんでいるだけの場合は、毎日のケアで改善することも可能です。
まぶたのたるみは肌の老化を防ぐ対策をすれば予防できるものなので、全体的に肌のアンチエイジングを行えばいいのです。
化粧品には眼の下の部分専用のパックやアイケアクリームなどがあり、これを利用すると効果的でしょう。
保湿成分がたっぷり含まれた美容液を目じりやまぶたに塗りこむと、肌のハリを取り戻し、まぶたのたるみ解消に役立ちます。
まぶた周辺部へのマッサージは、まぶたのたるみの解消・予防が期待できます。
マッサージはまぶたのたるみの部分である肌を刺激し、血行を促進することで効果が現れます。
朝と晩1分間くらいのマッサージを行った後、眼の周囲を指の腹で軽くたたくように刺激すると、さらに効果的です。
中指と薬指を使って目じりからまぶたのたるみをなぞり、鼻まで持っていってマッサージします。
そうして再びまぶたから目じりまで戻り、次に目じりからほほをなぞってあごの辺までマッサージしましょう。
年齢のせいで肌が老化するだけでなく、紫外線の刺激も肌を老化させます。
肌成分のコラーゲンやエラスチンが破壊されることで、肌の弾力性が失われてしまうため、予防とケアは必要なのです。
まぶたのたるみを紫外線で悪化させないためにも、紫外線カットやUVケア用品は、冬場であっても使うようにしましょう。

メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/14374403

この記事へのトラックバック
脚痩せるんるん♪美脚の創り方