顔のたるみと加齢


世の中すべての女性にとって、いつまでも若くありたい、若く美しい肌を維持したいと思うことは、永久不変のテーマといえるでしょう。
歳をとるにつれ大きくなってくる悩みのひとつに、皮膚がたるむ老化現象があります。
顔のたるみという、女性にとって大きな肌の悩みは、いったいなにが悪くて起きてしまうのでしょうか。
顔がたるむ原因の多くは、歳をとるごとに衰える顔の筋肉が、顔の肉を支えきれなくなり、たるみを作ることになるからです。
そして顔の内部にも原因が存在しています。
歳をとるにつれ、美肌成分のコラーゲンやエラスチンは減少し、顔のたるみを引き起こす場合もあるのです。
このコラーゲンやエラスチンといった皮膚成分は、歳をとるにつれ減少することを食い止めることは不可能なのです。
そのため肌を支えている筋力が徐々に減少し、筋力の衰えた皮膚と脂肪のほうが増えるので顔がたるんでしまうのです。
歳とともに筋力は衰えるので肌は重力に逆らうことができないようになり、下へと下がってしまうことは物理的な現象で、仕方のないことなのです。
しかし顔のたるみの原因を究明することは可能です。
そしてたるみの原因を適切にケアしてあげることで、重力による肌への負担は必要最低限となります。
加齢により変化していく自分の肌と向き合い確実なたるみ対策を見つけ出しましょう。

メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/14392558

この記事へのトラックバック
脚痩せるんるん♪美脚の創り方