まぶたのたるみ予防に筋肉を鍛える


まぶたに限らず、どの部分の筋肉も使わないと、それは弱ることになるのです。
まぶたの場合ももちろんその例外ではなく、歳をとることでさらにまぶたはたるみを増すことになるのです。
まぶたのたるみを予防するには、まぶたの筋肉を衰えさせないことも大切で、そのためには筋肉を適度に鍛えることです。
目の周りにも眼輪筋と呼ばれる筋肉がついていますが、使わないとその力も低下します。
眼輪筋は特に意識しなければ使うことのない筋肉ですが、日々鍛えるようにすればまぶたのたるみを予防することはでき、同時に表情筋も鍛えるようにすると表情も生き生きと豊かにすることができます。
眼輪筋は意識して瞬きを繰り返すようにすると、簡単に鍛えることができます。
下まぶたは、通常の瞬きなどでは動かすことなどまずありませんが、上まぶたを指で押さえながら下まぶたを持ち上げるような瞬きをしてみるといいでしょう。
すると下まぶたの運動になりまぶたの筋肉を鍛えることができ、まぶたたるみの解消をはかれます。
また顔を全体的にぎゅーっと縮めたり大きく広げたり、それから大きく目を見開いてから次にぎゅっと閉じたりというような動きをしてみましょう。
このようにまぶたを動かす運動も、まぶたのたるみを予防するのには役立ちます。
寝る前の数分間や少しでも空いた時間に続けることで効果が出ます。
場所を取らず、どこででも可能な運動なので、継続してまぶたのたるみを解消していきましょう。

メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/14427092

この記事へのトラックバック
脚痩せるんるん♪美脚の創り方