顔の筋肉とたるみの関係


顔や首の筋肉には30もの筋肉があり、顔の筋肉はとても小さくて繊細にできています。
顔の筋肉が弱ってくると、目が細くなったり、ほおがたれて口角が下がったり、二重あごになったりします。
これらは女性であれば、誰しもが避けたいと思うことです。
顔の筋肉の中でよく知られているのが表情筋ですが、これは顔の表情が動くところからついた名前なのです。
顔の筋肉をエクササイズすることで、顔やせ、子顔の効果が期待できます。
よく知られた表情筋とは頤筋(おとがいきん)のことで、唇下からあごに伸びる筋肉を言います。
この顔の表情筋が衰えると二重あごになってしまう場合があります。
前頭筋(ぜんとうきん)は眉の上から額にかけての筋肉を言いますが、この筋力が衰えると額の横じわができてしまいます。
まぶたを閉じたり開いたりする役割をするのが、眼輪筋(がんりんきん)と呼ばれる筋肉です。
この筋力が低下することは目尻のシワや上まぶたのタルミを作ることになってしまいます。
頬筋(きょうきん)は、口角を上げる役割があり、この筋力が衰えてくると口角が下がってしまいます。
そうなると口元の印象が怒っているような感じになってしまうことがあるので、気をつけたいことです。

メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/14463345

この記事へのトラックバック
脚痩せるんるん♪美脚の創り方