加齢による目の下たるみ


眼の下のたるみは、顔の中でも特に気になる部分で、ここがたるんでいるとなんとなく老けた印象をもたれてしまいます。
眼の下にたるみができる要因は、年齢とともに肌が衰えることが第一にあげられます。
若い10代のころの肌にはたるみなどほとんどありませんが、20歳も超えるようになると、少しずつ眼の下がたるむようになるのです。
顔の筋肉と皮膚が老化すると、眼の下にたるみをつくることになります。
人間の皮膚は加齢により少しずつ薄くなり、弾力性が低下し皮膚の保持機能が緩む傾向があります。
眼の下の細胞は年齢とともにそれぞれが浮腫のようになってふくらむため、肌が全体的に垂れ下がり、これがたるみになってしまうのです。
目を開ける時は上眼瞼挙筋、目を閉じる時は眼輪筋という筋肉が使われています。
こんな目のまわりの筋肉は小さくて薄い上に衰えやすい筋肉で、年齢とともに筋力が落ちていくため、皮下脂肪をうまく支えられなくなって、目の下のたるみができることになるのです。
目の下のたるみは、自分でも確認することが可能です。
口を大きく開いて天井を見るようにて、そのとき目の下に手でつまめる部分があるか調べてみましょう。
手でつまめれば、目の下のたるみがあるということです。
肌も歳をとると弾力がなくなってきて、毛穴は垂れ下がって楕円形のようになるので、このような毛穴が見つけられれば、たるみがあるのです。

メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/14494003

この記事へのトラックバック
脚痩せるんるん♪美脚の創り方