目の下のたるみの原因


目の下のたるみが出る原因は老化以外にもいくつかあります。
目元のたるみの中身は脂肪であり、目の周りの筋肉が衰え肌の弾力が失われると目の下の脂肪が押し出され垂れ下がって見えます。
血行が悪くなったりリンパの循環がよくなかったりすると、余分な水分や脂肪が排出されなくて、脂肪細胞が皮下組織で増えていくため、目の下にたるみができるのです。
目の下の脂肪は体質的に多い人と少ない人がいて、生まれつき目の下の脂肪が多い人はくまやたるみができやすいようです。
目の下に脂肪が多いと皮膚の色素沈着が濃く見えて、目の下のくまの原因になります。
頬骨が張っている人、それから目の大きい人は、目の下のたるみができやすい人です。
筋肉の衰えには日常生活にも要因があります。
パソコンを見る、パチンコをする、などじっと見続けるような作業を長時間すると、瞬きが減るため目のまわりの筋肉は衰えるのです。
油分の多い化粧品の多用によって目の下のたるみがおきることもあります。
基礎化粧品に含まれる界面活性剤や油性成分は、肌の弾力を保つ繊維を破壊するため、目の下のたるみにつながることがあります。
また紫外線の刺激で、皮膚の真皮層に存在するコラーゲン、エラスチンといった成分の弾力を失わせます。
それで紫外線にながくさらされると、皮膚の弾力性が低下して、目の下にたるみができやすくなります。

メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/14543129

この記事へのトラックバック
脚痩せるんるん♪美脚の創り方