日焼け止めクリームと紫外線


初夏の5月ごろになると、女性は化粧の下地に日焼け止めクリームを使うようになります。
夏だけではなく、初夏の前から日焼け止めクリームを使用することは、紫外線を防止するための当たり前のこととなりつつあります。日焼け止めクリームを利用するときは、紫外線の量を大いに考える必要があります。
皮膚のしくみから簡単に解説しますと、皮膚は体の一番外側にある臓器であり、皮膚の表面から深部に向かって表皮、真皮、皮下組織の3層から形成されています。
皮膚の組織の中で、紫外線や化学物質などの有害なものから体の中を保護しているのを表皮と言います。
表皮の構造は、角質層、顆粒層、有蕀層、基底層の4層に分けられ、表皮細胞はその中の基底層から生まれるのです。
生まれた表皮細胞は有蕀層、顆粒層、角質層へと上がっていき、角質層で垢となりはがれていくのです。
このように肌が変化することをターンオーバーと呼び、28日の周期で皮膚は新しく生まれ変わります。
日焼けの原因はメラニン色素ですが、これは基底細胞の間に点在しているメラノサイトが作り出しており、それこそが日焼けのメカニズムなのです。
メラニン色素はこのように日焼けの原因になっていますが、皮膚細胞が紫外線で破壊されないように守るという働きもしているのです。
けれども、紫外線によって過度に日焼けすることは決して皮膚の健康ためにはよくないので、肌の老化したりしみやしわを作らないためにも、できるだけ日焼け止めクリームで日焼けを防ぐようにすることが大切なことなのです。
紫外線から肌を守り、いつまでも若々しい肌を保つためにも日焼け止めクリームは必須のアイテムです。

メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/15355457

この記事へのトラックバック
脚痩せるんるん♪美脚の創り方