日焼け止めクリームを選ぶ時の注意点


日焼け止めクリームは数多くある日焼け止めスキンケア商品の中でも一番多く使われるタイプです。
たくさんのスキンケア商品がドラックストアやスーパーのほか、コンビニでも手軽に購入できるようになっています。
紫外線から肌を守るためには、大いに役立つ日焼け止めクリームですが、本当にたくさんの日焼け止めスキンケア用品が出ている今、それを選ぶときはやはり注意しなければならないことも出てきます。
日焼け止め化粧品に必ず書いてあるのがSPF値です。
SPF値とは、UVBと記される紫外線B波をカットする力の値で、この紫外線B波がしみやそばかす、そして皮膚がんの元なのです。
これは何もつけていない肌と比較した場合、日焼けをし始めるまでの時間を何倍にまで延長できるか、という目安の数字なのです。
例えばSPF2と表記されていれば、日焼けするまでの時間を3倍に延ばせるということです。
そしてSPF値と同じく、常に表記されているのがPA値です。
皮膚を黒くするだけでなくシワやたるみの原因となる紫外線A波(UVA)の防止効果を表すもので、弱いほうから+、++、+++と3段階で強くなっています。
また肌にできるだけ負担にならないものを使用するためには、日焼け止めクリームの中でも香料や着色料、そして防腐剤、紫外線吸収剤などが使用されていないものを選ぶようにするといいでしょう。紫外線から肌を守る日焼け止めクリームも、長時間の使用は肌にとっていいことではありません。
SPFもあまり高すぎると日焼けよりも今度は肌への負担が心配になるので、日常ではSPF20程度の日焼け止めクリームで十分でしょう。

メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/15397751

この記事へのトラックバック
脚痩せるんるん♪美脚の創り方