日焼け止めクリームの使用方法


その人それぞれに生活スタイルも違い、外出の状況も違うので、日焼け止めクリームもそれに合わせて使うようにするといいでしょう。
紫外線を防止するには、さまざまな日焼け止めクリームの使い方で効果をあげることができます。
普段はほとんど職場や家の中で仕事をしているという人であれば、日に当たる時間もぐっと少なくなります。
もし日に当たる時間が1日のうち20〜30分くらいであれば、特に日焼け止め化粧品を毎日使うこともありません。
日焼け止めクリームを1日中肌に付けっぱなしにすることで、かえって肌にはマイナスでとなります。
日焼け対策を考えるなら、ファンデーションにSPF値が記してあるものを使い、日焼けしそうなところに重ねて塗る程度でいいでしょう。
真夏には普段のスキンケア用品やほかの化粧品も使い、日焼け止めクリームは部分的に塗るようにすれば日焼けの対策として十分です。
買い物に行ったり洗濯物を干したりと、1日に何度も日に当たることのある主婦などの場合は、朝のスキンケアの際に日焼け止めクリームがSPF20、PA++程度のものを使うといいでしょう。
それと同時にパウダーファンデーションを使うようにして、紫外線防止の対策を強化しましょう。
額や頬骨、鼻は紫外線が当たりやすい場所ですから、他の部分よりは多めに日焼け止めクリームを使用しましょう。
海水浴、キャンプなど屋外のレジャーでは、日に当たる時間が長くなるので、日焼け止めクリームのSPF値の高いもの、SPF値20くらいを重ね塗りして使用することで日焼けに対処することが可能です。日焼け止めクリームにはファンデーションに近いような成分が使われているので、使用した後のクレンジングでは、洗顔料だけではきちんと落とすことはできないので、クレンジング剤と洗顔料の両方でしっかり洗い流し、その後は化粧水などで十分に保湿ケアするようにしましょう。

メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/15437039

この記事へのトラックバック
脚痩せるんるん♪美脚の創り方