ヒアルロン酸とコラーゲン ヒアルロン酸とコラーゲン


ヒアルロン酸とコラーゲンは、肌や関節などに効果があると言う事で注目されている成分です。体内に取り入れると何が起きるのか、コラーゲンやヒアルロン酸について知っておきましょう。ヒアルロン酸は、体じゅうに存在している成分で、目や皮膚、関節に多く含まれています。たくさんの水分が含まれていてとてもやわらかいので、皮膚の弾力をつけたり、骨の関節部分では潤滑油のような働きをします。ヒアルロン酸は、生まれた時が一番多く後はだんだん減り続けていきます。体内のヒアルロン酸が少なくなると体の保水力が低下し、皮膚は水分を失って乾きがちになり、しわやシミが増えます。人体を構成するために欠かせないたんぱく質のうち30%はコラーゲンです。軟骨や骨、靱帯、真皮に集中していることが知られています。体を構成する数多くの細胞はコラーゲンによってつながっています。強靱で弾力があり、器官と器官の間、細胞と細胞の間、細胞と器官の間などにあります。コラーゲンも、ヒアルロン酸同様、加齢によってどんどん減少していってしまうものです。また、年と共に古くからあるコラーゲンは衰えて働きが弱くなってしまうようです。コラーゲンの代謝は古いコラーゲンがうまく分解されないと機能しないため、古いコラーゲンが残ると肌は張りやキメが失われます。肌の健康だけてなく、関節や靱帯にとってもヒアルロン酸やコラーゲンは欠かせない成分です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/158456118
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
脚痩せるんるん♪美脚の創り方