しわやたるみが出来る理由


肌のしわやたるみは、年齢を重ねる毎に増えます。肌の老化はどんな人にでも等しく出てくる、当たり前のことともいえるでしょう。肌にはターンオーバーと呼ばれる、古い皮膚は体から取れ新しく作られるというサイクルがあります。いらなくなった皮膚が体から離れ、新しく作られた皮膚が表層に現れるというターンオーバーが滞りなく起きている肌にはたるみやしわはありません。しかし、加齢と共にターンオーバーの周期は少しずつ長引いていき、古い角質層が残りやすくなります。古くなった皮膚が肌に留まり、新しい皮膚がなかなか作られなくなるとしわやたるみが増加します。また、加齢はコラーゲンの生成力も弱くします。皮膚内のコラーゲン量が少なくなると肌はみずみずしさや弾力性を損なうため、しわやたるみが戻りにくくなります。弾力性の低下した肌は重力に引かれてたるみを助長します。加齢による自然な流れですので、年齢による外見の変化はある程度はどうしようもないことです。ただし、年齢による影響だけでなく、食生活の偏りやストレスの蓄積などもたるみやしわの元となります。太陽光に長時間さらされた肌は、年を取ってからしわやたるみという形で出てくることがあります。年を取って増えたしわやたるみは、若い頃のみずみずしさを取り戻すことはほぼ不可能です。できるだけしわやたるみなどの肌の老化を遅らせるように、できる限りのケアをしていきたいものです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/158674183
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
脚痩せるんるん♪美脚の創り方