洗顔料の選び方


洗顔をする場合、まず自分に合った洗顔料を選んだ上で、洗顔の仕方を決めなければなりません。
洗顔料の選び方次第で、洗顔法方も変わってきます。
洗顔料のCMでは弱酸性の優しい洗い上がりを宣伝するものが目立ちます。
私たちの皮膚の表面は弱酸性なので、それに合わせて肌への負担の軽減を狙ったもののようです。
しかし弱酸性の洗顔料を使用したところで、洗い流しに使用される水道水は中性です。
弱酸性にこだわって洗顔しても、洗顔直後の肌はいつも中性であるということです。
人間の肌にはアルカリ中和能力があり、一時的に肌が中性やアルカリ性になってもほどなく弱酸性に戻ります。
洗顔後に使う化粧水は弱アルカリ性なので、基礎化粧の時点で弱酸性に戻されるのです。
どんな洗顔方法であれ無理に弱酸性の洗顔料を選ぶ必要はありませんし、弱酸性の洗顔料だから安心とも一概に言い切れるものでもありません。
洗顔料を選ぶ際に大切なのは、自分の肌質に合ったものを探すことで、酸性かアルカリ性かは特に気にする必要はありません。
肌の性質で洗顔料を選ぶもので、乾燥肌、脂性肌、混合肌、それぞれ違ってくるのです。
よくあるしっとりタイプの洗顔料は油分や保湿剤が配合されているかの違いで、適量の油分は肌にはいいことですが、多すぎては逆に乾燥につながる場合があるということも覚えておきましょう。

メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/15937412

この記事へのトラックバック
脚痩せるんるん♪美脚の創り方