洗顔前の準備


洗顔の方法は自己流な人が多く詳しく知っている人はあまりいないようです。
洗顔の仕方を正しく知ることが洗顔をより効果的にすることにつながるわけで、洗顔にやたらと時間をかける必要はないのです。
顔を洗うときは、髪が邪魔になってしっかり洗えないようなことのないよう、ヘアバンドなどで髪をまとめあげ、額や耳の前、それから髪の生え際などもきちんと洗えるように準備しましょう。
洗顔の前には手を石鹸できれいに洗うようにしましょう。
汚れた手では洗顔料がよく泡立たないので、洗顔する前には必ずよく手を洗うようにしなければなりません。
洗い始める前に、まず顔の毛穴を開かせるためにぬるま湯をかけます。
顔の表面に付着したほこりや汚れはこの段階で落としてしまいましょう。
ぬるま湯が顔にかかっていると、洗顔料は顔になじんでいく効果が望めます。
熱すぎるお湯を洗顔に使うと肌が乾燥してしまうことになるので、少し温かいくらいのお湯を使うようにするのがベストです。
お風呂に入ったときに体にかけるお湯では熱すぎるので、洗顔には少しぬるめるくらいがちょうどいいでしょう。
そして洗顔料を泡立てますが、できるだけきめが細かくなるように、空気をたくさん含ませて、卵くらいの大きさの固い泡を作りましょう。
顔をこするような洗い方はよくなく、泡で顔の汚れをくるみ取る、というような洗い方が理想的です。

メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/15967680

この記事へのトラックバック
脚痩せるんるん♪美脚の創り方