背中のにきびの原因


顔のにきびで悩んでいる人が多いのはよく知られていることですが、実は背中にもにきびができることをご存知でしょうか。
いろいろと背中のにきびができる原因はありますが、アクネ菌はそのひとつといわれています。
アクネ菌というのは顔などの皮膚の毛穴にあるもので顔ににきびができる原因といわれています。
このアクネ菌は顔だけでなく人の背中の毛穴にも存在するのです。背中ににきびが出来てしまう原因は、背中の皮膚の毛穴によけいな皮脂が詰まって皮膚が化膿することなのです。
背中ににきびができやすくなるのは、とくに汗をかいた背中をそのままにしておいたときです。
こうするとアクネ菌が繁殖しやすくなるからです。
化学繊維の下着などは汗がたまりやすくにきびができやすい状態になるといえます。
背中ににきびを作る原因は、とにかう皮脂や汚れの付着やアクネ菌なのです。
背中のにきびをそのままにしていると、背中ににきびの跡ができてしまうでしょう。
にきびが悪化するとにきび跡ができるのは、顔も背中も同じで、このにきび跡に悩んでいる人が多いのも事実です。
背中のにきびの原因となる汗や皮脂を防いで、にきびが跡になるまで悪化することのないようにしたいものです。
にきび跡のないキレイな背中を目指しましょう。

メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/16006420

この記事へのトラックバック
脚痩せるんるん♪美脚の創り方