背中のにきび跡の治療法


にきび跡が背中にできてしまったときは、どのように治療したら良いのでしょうか。
まずひとつめは治療にイオン導入を取り入れたものです。
イオン導入は針を使わない注射を使った治療法で、最近背中のにきび跡の治療法として話題になっているようです。
イオンを導入すると、通常より多くビタミンCをにきび跡に対して浸透させることができるのです。
これによりメラニンの生成を抑えることができ、背中のにきび跡を取ることも可能です。
また背中にきびの炎症を抑えて色素沈着を防止しますので、にきび跡の治療には大変効果的だといえます。
加えて電流を微弱に流すことでビタミンやプラセンタを皮膚の深い部分まで浸透させていきます。
これで背中にきび跡のしみやしわまで改善できる効果があります。にきび跡の無いきれいな背中を取り戻すことが、このイオン導入の治療法を利用することでできるといえるでしょう。
背中にきび跡の治療法はこのほかにもあります。
レチノイン酸を使う治療法です。
このレチノイン酸というのはビタミンÅ誘導体の一種です。
その働きは肌の細胞を活性化させてターンオーバーを促すことです。
コラーゲンの生成も促すレチノイン酸のおかげで、新しい細胞が生成され背中のにきび跡を押上げてくれますので、背中にきび跡がうまく治療できるのだといえます。
悩んでいる人は、背中にきび跡の治療は最近どんどん進化していまので、何かしら一度試してみるとよいかもしれません。

メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/16058595

この記事へのトラックバック
脚痩せるんるん♪美脚の創り方