シワ取りの仕組み


年を取るにつれて増えてゆくシワ。
シワはいったいどうしてできてしまうのか、また、シワを消すためには何をしたらいいのでしょうか。
シワは皮膚の真皮層が年齢と共に壊れていくためにできていくもので、いわば人生の年輪と言えます。
真皮層はその70%がコラーゲンでできた弾力のある層ですが、年齢と共に層が衰えることで表面に起伏ができてきます。
一方、皮膚の表面には凹凸がありますが、細く凹んだ部分は皮溝と呼ばれ、皮膚表面を編目のように走っています。
真皮層が破壊されて波打ってくると、皮溝が深くなっていきシワになっていきますが、この皮溝を浅くすることでシワ取りを行います。
皮膚は筋肉の運動に沿って伸びたり縮んだりします。
目や口の周りといった最も気になる部分のシワは、表情を司る筋肉によってつくられていきます。
普通にしているとシワが出ない人でも、笑ったときには目尻や口元のシワがでます。
年を取ると、表情筋に力を入れていない時にもそのシワが残ります。
シワ取りで最も取りたい部分ですが、表情の豊かな人ほどシワはできやすく、笑顔が多い人ほど横方向のシワになります。
顔にシワが出るのを嫌って表情もなく笑顔も見せずに生きていくよりも、顔のシワをある程度受け入れつつ、ほどほどのシワ取りをしながら笑顔で人生を謳歌した方が、充実した生き方と言えるのではないでしょうか。

メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/16092987

この記事へのトラックバック
脚痩せるんるん♪美脚の創り方