手術によるシワ取り


現在では、シワの手術はかつてそうであったよりも手軽で安全なものになりました。
シワやたるみが発生しやすい顔の部分はたいてい一緒で、口元、目元、首、頬などとなりますが、どこも手術でシワ取りをすることができます。
シワ取りの手術には入院の必要はなく、翌日からも人前に出ることができます。
シワやたるみを切り取ってしまうことから傷跡が残りますが、まつげの下や髪の中の目立たない場所であるため、特に心配することはありません。
手術後の顔のシワは、顔を上にして寝そべった状態で鏡を見たときのような形になります。
頬のシワや鼻の横のみぞに対しては、耳の上下付近でたるんでいる皮膚を切り取って、筋肉を斜め方向に引き上げる形で手術を行います。
目元や鼻の横のシワを取ってしまうのにはこれが一番で、皮膚だけを切り取ってシワを取り去るよりも、筋肉を斜め方向に引き上げた方が効果が長く続きます。
目の下のシワ取り手術の場合は、まつげの生え際の皮膚を少し切り取ります。
術後にまぶたの下に皮下出血のような色が出ることがありますが、一週間ほどでなくなります。
額に対してシワ取りを行うには皮膚を切り取って引っ張り上げるわけですが、皮膚の切り取りは髪の生え際よりも数センチ上で行われます。
この手術のよい点は、額の皮膚が厚いことから腫れたりすることがほとんどないことです。
美容外科医によっては、表在性筋膜に処置を行う者もいます。

メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/16133308

この記事へのトラックバック
脚痩せるんるん♪美脚の創り方