切開法でまぶたのたるみを解消する


目のまわりに脂肪が多い人は、それがたるみの原因かもしれません。
目の回りを切開し、この脂肪を取り除いてまぶたのたるみを解消する切開法という施術法があります。
切開法が向いている人は、元々まぶたや目の回りに脂肪が多くはれぼったい状態だった人や、年齢的な問題で皮膚が脂肪を支えきれずたるんできた人です。
メスで皮膚の一部を切開し、内部の脂肪を取り除くことになりますので、どの部分にメスを入れるかは状況によって変わります。
上まぶたを施術する際の切開位置は、眉のすぐ下側か二重のラインに沿うようにメスを入れます。
一方、目の下が腫れぼったくたるんでいる人の場合、下まつげの付け根に沿うような形でメスを入れ、目の下の脂肪を取りだします。切開の痕跡は全く残らないようにはできませんが、二重のラインや眉と重なることでほとんどわからなくなるでしょう。
たるみ除去のための切開方法は人によって違います。
まつげの上と下に沿って切開処置をすることもあります。
たるみを取るために切開法手術を受けた後しばらくは腫れることがあります。
また、所要時間は60分程度です。
腫れの程度は多少目立つ程度ですが、人によっては強く腫れることがあります。
どこかにぶつけた時に腫れやすい人は要注意です。
じきに腫れが引くので、しばらく待ちましょう。
施術当日は化粧や顔を濡らす行為は厳禁です。
また、後日、抜糸のために再度通院しなければなりません。
施術には麻酔を使います。
施術部位や麻酔の効きによって、痛みの程度には個人差があるようです。

メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/16198718

この記事へのトラックバック
脚痩せるんるん♪美脚の創り方