眼瞼下垂のまぶたのたるみ治療について


まぶたを引き上げる筋肉が衰えたことが原因で起こるたるみなら、眼瞼下垂の可能性があります。
まぶたの内側の脂肪が原因ではないため切開法は効果がありません。
保険の適応が可能であるだけでなく、眼瞼下垂の手術は眼科、整形外科などでも受けることができます。
眼瞼下垂の程度によっては、切開式でたるみを取る方法と併用することもあります。
眼瞼下垂は生まれつき筋肉や神経に原因でたるみが出る先天性と、加齢や目を酷使する行為、パソコンの長時間使用などによる筋肉や皮膚の弛緩によってたるみが出る後天性があります。
挙筋短縮法という手術法は、眼瞼挙筋という部分の筋肉の一部を切除してつなぎ合わせるというものです。
これまで、後天性の眼瞼下垂に使われてきました。
この手術方法は、たるみの大きい人に対しても有効な方法です。
ただし、ミューラー筋を傷つける恐れがあります。
ミューラー筋は交感神経と関わりがある筋肉です。
挙筋前転法は、まぶたの筋肉に問題がなければ挙筋短縮法より使われる方法です。
挙筋前転法によるまぶた治療は筋肉を傷つけず挙筋腱膜と瞼板とを再固定する治療方法です。
施術には医師の技術、経験が必要とされます。
そのため、後天性の眼瞼下垂治療には有効な方法ではありますが、この手術法を使っていないところもあります。
多くのクリニックで挙筋短縮法と銘打った治療方法は行われています。しかし、本当にその通りの方法とは限りません。
事前確認を忘れずに。

メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/16324244

この記事へのトラックバック
脚痩せるんるん♪美脚の創り方