にきびケアと化粧品


もしにきびが出てしまった時はメイクを控えることが大切です。
またにきびを予防したり、にきび跡のケアをするには、日頃から自分に合った基礎化粧品を選択するようにしましょう。
自分にあった洗顔料を用いて、洗顔をするという適切な肌のケアがにきび跡のケアにも影響をあたえるといえます。
化粧品の中でも、メイク用のものはにきび跡のケアには不向きです。
さらに肌にあまり良くないものはファンデーションです。
これは毛穴を塞ぎにきびを悪化させる原因となってしまいます。
注意しなければならないのは、ごしごしこすったり、刺激の強い化粧品を使うことです。
これはにきび跡を濃くする原因となってしまいます。
それから刺激の強い化粧品や肌に負担となるものの使用は控えるようにしましょう。
にきびがある時は肌が敏感になっているからです。
クレンジングで化粧品を落とす時は、油分が少なく刺激の少ないものを選ぶ必要があります。
なかには油の落ちがよいからという理由で、オイルクレンジングを使用する人がいます。
にきび跡には、成分に油分が含まれているオイルクレンジングは毛穴に残ることがありますので避けたいものです。
オイルフリーの流せるタイプのクレンジングが肌への刺激が少なく、クレンジングをするにはおすすめなのです。
最近よく使われている拭き取りタイプのクレンジングはにきび跡にはあまりよくありません。
化粧品を完全に汚れを落としきれるものではありませんし、防腐剤や防カビ剤が含まれているからです。
化粧品は自分の肌に適したものを選択するということがにきびのケアには大切なことだといえるでしょう。

メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/16682695

この記事へのトラックバック
脚痩せるんるん♪美脚の創り方