コンドロイチンとお肌の関係


サプリメントの中でも、美肌に役立つものとしてコンドロイチンは有名ではないでしょうか。
保水力のあるコンドロイチンは美容にも大変役に立つ成分なのです。
たくさんの水分を保持している皮膚であるで赤ちゃんのお肌は、すべすべしていて張りと弾力がありますね。
年をとると肌の水分が失われてカサつきますが、これは体内のコンドロイチンが少なくなったために肌に水気を蓄えておく力が失われていったためです。
体を保護し水分の蒸散を防ぐ働きのある皮膚は、一番外側にある部分で表皮と呼ばれています。
表皮の下に血管、神経、筋肉などがまじった真皮、皮膚と筋肉とを繋ぐ皮下組織と続いています。
70%のコラーゲンと1%弱のコンドロイチンが含まれているのが真皮の部分で、皮膚そのものだといえます。
コンドロイチンは、皮膚の水分量を保持し、皮膚機能を維持するためにとても重要な役割を果たしていますが、皮膚組織の中でコンドロイチンの比率は多くはありません。
健康な肌はコンドロイチンが豊富にあり、水分をたっぷりと補給してコラーゲンの機能をサポートしているのです。
皮膚表面にできたメラニン色素が定着すると、シミの原因になります。
これは加齢によって表皮の代謝機能が低下してしまったことがその理由です。
コンドロイチンは、シミ対策にも効果があります。
コンドロイチンを含む皮膚は表層の活性化を促進するからです。
美容目的のサプリメントにコンドロイチンが含まれるものがたくさんあるのも頷けますね。

メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/17096946

この記事へのトラックバック
脚痩せるんるん♪美脚の創り方