魚の目を見つけたら皮膚科に行きましょう


足の裏や指が強い圧迫から角質化し、魚の目やタコを作ってしまって病院の治療を受けるという人は、予想外に多いようです。
魚の目は命に関わるような病気ではないにせよ、一度できると非常に厄介なものです。
この厄介な魚の目とは具体的にどのようなものなのでしょうか。
魚の目は皮膚の角化によって起こり、その理由は皮膚への摩擦や圧迫など。
その形状から鶏眼とも呼ばれます。
痛みが生じるのは、魚の目の中心にできる目の部分がくさび状になって神経を刺激するためです。
魚の目ができやすいのは体重が集中してかかる足の前のほうです。
痛みが強いと歩けなくなってしまいます。
歩行が難しくなるほど痛みがひどい時は、独力での治療は困難です。
できるだけ早く皮膚科の診察を受けましょう。
治療以外に、皮膚科では自分に合った靴の探し方などを教えてくれるようなところもあるそうです。
どうして靴なのかというと、魚の目の原因に靴があるからです。
靴の他にも、足の形や生活習慣なども魚の目の原因があるので、皮膚科の指導を受けた方がいいこともあります。
人によっては、皮膚科に行かずに処置を済ませようと考えるかもしれません。
ですが、不用意に削ったりほじったりすると、炎症が起きることがあるので要注意です。
魚の目ができた時は、まだ程度が小さくてもおっくうがらずに医師の診断を受けてください。

メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/17185283

この記事へのトラックバック
脚痩せるんるん♪美脚の創り方