魚の目の素人治療は大変危険です


専門の医者に診てもらうことが、魚の目を手っ取り早く治す最善の手段でしょう。
では、実際にはどのように治療をして魚の目を治すのでしょう。
症状の進み具合によって、皮膚科での対応も少しずつ違います。
魚の目がある程度の大きさや深さがあると、外科的手術で取り除かなければなりません。
手術によって患部を切り開き、魚の目の芯の部分を直接除去するという治療です。
皮膚科によってはレーザーや液体窒素を用いるところもあり、また、麻酔をして芯を完全に取り除くこともあります。
タコと異なり、魚の目は根本から除去しなければ再発の可能性があります。
症状によっては、スピール膏という腐食剤で角質化している魚の目を柔らかくして除去するという方法も使われます。
皮膚科によってその治療方法は色々ですので、重症化してしまった魚の目の場合や何度も魚の目が発症する場合にはとにかく皮膚科に行って相談してみることが大切でしょう。
軽度の魚の目でしたら市販の薬で対応できることもあります。
足に違和感を感じるものができた気がして、それが魚の目のようだと思ったなら、市販の薬で手っ取り早く治した方がいいでしょう。
魚の目を取る市販の薬は、魚の目を柔らかくする薬品のついた絆創膏を患部を覆うようにしばらく貼付して除去するというものです。

メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/17216232

この記事へのトラックバック
脚痩せるんるん♪美脚の創り方