魚の目ができる原因を知りましょう


魚の目は痛いだけでなく何度も再発したり複数できたりと厄介ですが、なぜできるのでしょう。
足の形と靴が合っていない時は魚の目ができやすいので、皮膚科で診察を受けるとまず一番に確認されます。
気に入った靴を見つけて買ってみたら足が少し窮屈に感じたけれど、デザインが気に入ってそのままはいているという人もいます。
サイズが合わない靴によって足の指やつけねなどが靴にあたって圧迫されてしまったり、足の甲が広い人は指が両側から圧迫された結果、魚の目ができてしまうことがよくあります。
継続して圧迫や摩擦などの負荷を受け続けた皮膚はその部分を守るために硬くなる性質がありますが、それが魚の目の元です。
つまり、いつも同様の場所に同質の刺激を加え続けられた皮膚が硬なった結果なのです。
魚の目の起きる原因に靴が大きいことは、皮膚科で靴選びについて言及される点でも明らかです。
再び魚の目にならないためにも、靴を改善する必要があるわけです。
女性の場合ですとハイヒールなどを無理して履き続けていることが原因で魚の目ができることが多いようです。
デザインだけではなく足にフィットした靴を選ぶことが大切なのではないでしょうか。
皮膚科の先生は魚の目はこわい病気ではないけれど、痛みできちんとした姿勢で歩けなくなることにより、姿勢が悪くなり腰痛などの別の症状が出てくることがあることも指摘しています。
そして、魚の目が確認できたらできるだけ早く皮膚科を受診するべきでしょう。
また、魚の目が再発しないような靴の選び方なども聞いておくと、その後も役立ちます。

メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/17248721

この記事へのトラックバック
脚痩せるんるん♪美脚の創り方