ピーリング石鹸の使用方法と注意点


ピーリング石鹸は、酸によって肌の古い角質を溶かして剥ぎ取る効果があるため、普通の洗顔料を使う時より、少しだけ気をつけて使う必要があります。

ピーリング石鹸は酸の配合量によって肌に与える影響に違いがあります。

ピーリング石鹸を初めて使う時は酸の配合量が少ないものを選び、肌の状態を確認しながら酸の配合量が多いものへと変えて行くようにした方が良いでしょう。

しっかりと泡立てて使うことがピーリング石鹸を使うときには重要なことです。

泡を転がすように洗うということが大切で、普通の洗顔の時も同じですが洗顔する時は石鹸を肌に指で擦り付けないようにしましょう。

擦るように指で洗ってしまうと肌を傷つけてしまうかもしれないのです。

ピーリング石鹸を使う場合、肌への刺激が普通の洗顔料より強くなりますので、指で擦るような洗い方は禁物です。

そのためにもピーリング石鹸を使用する時には、しっかりと泡立てることが必要なのです。

しっかりとピーリング石鹸を使った後は洗い流すことが大切です。

ピーリング効果を高めるために、2分から3分程度、泡を付けたままにしておくことも良いのですが、ピリピリとした痛みを感じるようだったらすぐに、ピーリング石鹸を洗い流しましょう。

肌はピーリング石鹸を使った後はとても敏感になっていますので、非常に乾燥しやすい状態だといえるでしょう。

充分に保湿をして、洗顔後はお肌のケアを忘れないようにしましょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/18144870

この記事へのトラックバック
脚痩せるんるん♪美脚の創り方