正しい洗顔でにきびを予防する


にきびを予防するには、毛穴の中でアクネ桿菌が増殖しやすい環境を作らないことが大切です。

お肌ににきびができてしまわないように、日々の洗顔を怠らないようにしましょう。

洗顔で汚れを落とすことがニキビの予防効果大です。

毛穴汚れまで確実に落とす洗顔を続けることによって、ニキビに防止に限らず、健康的でみずみずしい肌もを実現することができるでしょう。

にきびを予防する正しい洗顔方法は、まずヘアキャップやタオルを利用して、髪が落ちてこないように、しっかりまとめます。

髪をまとめると髪の生え際も洗えるようになります。

ここも洗顔をしないと、生え際にニキビができてしまいます。

最初は手洗いからです。

手についている汚れを洗い流しましょう。

より洗顔効果を上げるためには、蒸したタオルで顔を包んで皮膚に十分に蒸気をあて、毛穴を開かせることです。

1日1回くらいはこの行程を入れてください。

大きな汚れを落とすために顔の隅々まで濡らし、ぬるま湯で顔をすすいでから、泡立ちネット等で作った泡を顔に乗せていきます。

泡を使って顔を洗う際には、額から目尻にかけてをまず洗い、それから鼻全体をマッサージの要領で洗います。

Tゾーンも念入りに洗顔します。

ほほ、アゴ、首筋と洗ってから、ぬるま湯でしっかり洗い流していきます。

清潔なタオルでやさしく押さえるように水分をふき取ります。

洗顔は毎日漫然と行っている人が多いかもしれませんが、基本的な部分は押さえておいてください。

にひぎのないきれいな肌になるためには、面倒がらずにきちんと顔を洗う習慣をつけることが基本ですので、地味ですが続けていきましょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/19097190

この記事へのトラックバック
脚痩せるんるん♪美脚の創り方