にきび洗顔の注意する点


にきび予防、にきび肌改善には、正しい洗顔が最も基本的なスキンケア方法です。

とはいえ、洗顔手順が間違っていなくても、洗顔剤の選択や洗顔回数を間違うと、お肌に負担がかかります。

にきび予防、にきび肌改善のための正しい洗顔は1日に2〜3回までで、それ以上は洗いすぎです。

洗いすぎは逆に毛穴からの脂質の分泌が激しくなり、ちょっとしたことでニキビが出来やすくなるようです。

洗顔は日に2回程度にとどめ、無闇に洗い流さないようにして下さい。

そして、顔を洗う時に使用する石けんも納得のいくものにしましょう。

直接肌に触れるものだけあって、慎重に選ばないと、洗顔料の刺激で肌が荒れてしまうこともあります。

にきびのケアのためにと念入りに顔を洗っていても、合わない洗顔剤で刺激を与えすぎるとにきび以上に肌が悪化することもあります。

肌は季節によって皮脂の分泌量が違うので、夏と冬とでは、洗顔料を変えてみる事にも注意してみましょう。

冬期に使う洗顔料は、肌に十分な潤いを与える、保湿性の高いものを選んでください。

冬は湿度が低く、肌は水気を失いがちです。

タオルも肌にやさしいものを使用します。

強くこすると肌を傷めてしまうので注意が必要です。

タオルはやさしく押さえるがポイントとなります。

皮膚を形成する角質層の部分は本当に薄くデリケートな部分ですので、タオルで拭くという動作はどうしても肌に負担がかかるものです。

適切な洗顔方法を身につけることで、洗顔を通してにきび予防、にきび解消に取り組みましょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/19145528

この記事へのトラックバック
脚痩せるんるん♪美脚の創り方