にきびとにきび痕について


肌のトラブルのひとつであるにきびとはどういう症状なのでしょうか。

にきびは医学的には尋常性座瘡(じんじょうせいざしょう)と呼ばれています。

年齢に関係なく尋常性座瘡が出来る条件が揃えば発症しますから実は、10代でも40代でもにきびは出来るのです。

20歳過ぎたら吹き出物というわけではないといえます。

大変にきびに悩む方は多く、それと同様ににきび痕を治したいと希望する人も大勢いるといえます。

大きく分別すると、にきび痕は2種類になります。

まず1つ目は、肌表面がデコボコしている状態で、これはにきび痕が陥没しているものです。

アクネスカーとも呼ばれるにきび痕は、細菌の増殖によって炎症が起きてしまった、赤にきび以降の段階で作られることが多いようです。

なかでも膿胞や膿腫に迄進行して、これを気にしてつぶしてしまうと、にきび痕が皮膚に残りやすくなります。

ケロイドやクレーターの様になってしまうこともあるでしょう。

治りにくいにきび痕は、一生残ってしまうような事も場合によってはあるようです。

そして2つ目のにきびの痕は、シミの様に色素沈着している状態です。

にきびの痕に出来る色素沈着も、にきびの後遺症といえるものです。

色素沈着というのはシミの事をいいますが、炎症後色素沈着というのは、にきびばかりでなく、炎症を起こした部分に出来やすい色素沈着の一種です。

ということは、気をつけなければならないのは、傷が出来た痕や化粧品や薬品によってかぶれが生じた後にも、シミが残ってしまう事があるということです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/19359283

この記事へのトラックバック
脚痩せるんるん♪美脚の創り方