洗顔石鹸と洗顔フォームの違いについて


洗顔フォームか洗顔石けんのどちらかを用いて顔を洗う人がほとんどです。

洗顔石鹸と洗顔フォームを比較した場合、肌に優しいのはどちらだと思いますか。

肌にやさしいのは、洗顔石鹸の方です。

よく、洗顔石鹸で顔を洗うとつっぱるからと洗顔フォームを選ぶ方がいらっしゃいます。

洗顔石けんより洗顔フォームの方が肌に優しくないということは、意外に感じるかもしれません。

洗顔フォームの利点は、長持ちをすることときめ細かな泡が簡単に作れることですが、肌への刺激は洗顔石けんの方が優れています。

そもそも洗顔石鹸と洗顔フォームは、根本的に異なるものだということをご存知でしょうか。

石鹸の組成は脂肪酸カリウムと脂肪酸ナトリウムであり、高級脂肪酸の金属塩です。

しかし、洗顔フォームの場合は、有効成分を染み込みやすくするために合成界面活性剤が用いられています。

これが、敏感な肌にはあまりよくない物質なのです。

人体への悪影響だけでなく環境に対する不安もあります。

これは安さを求めて石油を合成界面活性剤に使っている洗顔フォームに対して指摘することができます。

自然派洗顔料として植物を使用していることを前面に押し出しているものもありますが、合成界面活性剤が入っているなら負担は同様です。

洗顔石鹸の多くは、合成界面活性剤の代わりに花やオリーブ等から抽出した天然成分が用いられているので非常に肌に優しいのです。

洗顔料の影響を受けやすい敏感肌の人で洗顔フォームを使っている人は、洗顔石けんも考えてみてください。洗顔石けんには美白効果もあります。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/20664830

この記事へのトラックバック
脚痩せるんるん♪美脚の創り方