にきびの種類とにきびケアの基本


にきびケアの基本について。

にきびとは、医学的には尋常性挫創と言います。

皮膚には無数の毛穴が存在しており、ここから汗や脂質が分泌されています。

この毛穴が汚れや汗で目詰まりし、炎症を起こすとにきびになります。

顔、胸、肩、背中など、皮脂を多く分泌する部分が、にきびが出来やすい部位になります。

ただし、にきびというと普通は顔にできた尋常性挫創のことを指します。

にきびには、白にきび、黒にきび、赤にきび、黄色にきびの4種類があり、炎症の状態によって、にきびの呼び方が変わります。

にきびの初期症状が白にきびの状態です。

にきびケアをきちんとすれば、この段階で対応できます。

白にきびは毛穴に白い脂質が詰まった状態ですが、ケアを怠るとこの部分が酸化して黒く目立つようになり、白にきびより一段階進んだ黒にきびになってしまいます。

黒にきびをなお放置しておくと、炎症が周辺に広がることによって、赤にきびになってしまいます。

黒にきびによって皮膚が炎症した状態が赤にきびです。

ここまでくるとズキズキとした痛みも生じます。

黄色にきびは、更に炎症が進んでしまった状態です。

ウミが出て黄色いにきびになるのです。

初期のうちにケアをすれば比較的簡単なのですが、赤や黄色になるまで放置したにきびは、治療がとても困難です。

にきびケアは白にきびや黒にきび、そしてにきびになる前からのスキンケアが重要です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/22528231

この記事へのトラックバック
脚痩せるんるん♪美脚の創り方