洗顔でにきびケア


にきびケアは、症状がひどくなる前に早期ケアをすることが重要です。

にきびケアで1番有効な方法は、毛穴に汚れや皮脂が溜まらないように洗顔することです。

洗顔の回数を増やすだけではにきびケアにはなりません。

むしろ、洗顔し過ぎたせいで皮脂の分泌を増やしたり、肌を傷つけたりして逆効果になることもあります。

朝と夜、1日に2回から3回の洗顔がにきびケアには丁度良いようです。

にきびケアに使う洗顔料は1つにこだるわる必要はありません。

汗をかきやすい夏と乾燥しやすい冬で使い分けるのもいい方法です。

効果的なにきびケアを目指すには、肌質に合う洗顔料を使うことも重要です。

洗顔時にはヘアキャップやバンダナで髪をまとめ、額や顔に髪がかからないように注意します。

にきびケアには、顔の隅々まで洗う必要があります。

髪の生え際はにきびができやすいので、洗いやすいようにしておきます。

手についている汚れが顔につかないよう手洗いをし、蒸しタオルなどを2分から3分ほど顔にあて、毛穴を開かせるのがにきびケアの洗顔のポイントです。

洗顔料を使う前に、ぬるいくらいのお湯で顔を十分に塗らし、素洗いをします。

洗顔料などをしっかりと泡立ててから、額、こめかみ、鼻と、皮脂の多いところから順に、顔全体をマッサージするように丁寧に洗います。

泡で顔を洗い終えたら、生え際などに注意しながらぬるま湯で丁寧に顔をすすぎ、洗顔料を残さず洗い落とします。

最後に、吸い取りのいいタオルに水気を吸わせます。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/22859319

この記事へのトラックバック
脚痩せるんるん♪美脚の創り方