にきびがある時のメイク用化粧品


にきびのできたお肌への化粧品の扱いは注意が必要です。

にきびが出来てしまうと、それを隠したいという気持ちから、ファンデーションなどの化粧品を必要以上に使い、肌を厚く覆ってしまうことがあると思います。

けれど、化粧でにきびを隠そうとしてはにきびにいい影響はありません。

化粧品の扱いを間違ってしまい、にきびの炎症が進行してしまう可能性があるのです。

にきびが出来てしまった場合、可能ならばメイク用の化粧品は使わずにいた方が良いと思われます。

ただ、にきびケアにはその方がいいとはいっても、化粧品を使わずに外出するのはできけば避けたいと思うでしょう。

メイクをせずに人前に出ることが許される状況ばかりではありませんから、どうしてもメイクは必要になります。

もしもにきびができてしまった時にメイクをしなければならなくなったら、できるだけ薄く塗るようにしましょう。

にきび対策を考えるならば、メイクをする時はパウダータイプのべとつかない化粧品がおすすめです。

にきび用の化粧品もありますので、にきびがある状態でメイクをし続けなければならない場合は役に立つでしょう。

そして、ファンデーションなど、肌に付着させるような化粧品を使った後は、可能な限り早く、その化粧品を洗い流すことが大切です。

にきびを悪化させず肌のコンディションをよくするためには、メイクの時間は短時間に留めておきたいものです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/24559060

この記事へのトラックバック
脚痩せるんるん♪美脚の創り方