スキンケアで乾燥肌対策をする


乾燥肌対策は肌荒れ対策、シミやしわ対策に欠かせません。

乾燥肌が悪化して乾燥性敏感肌にならないよう、こまめなスキンケアが大事です。

乾燥肌が進んで乾燥性敏感肌になると、外部の刺激から肌を守るバリア機能が低下して、肌が弱くなってしまいます。

乾燥肌を改善するスキンケアには、アミノ酸保湿成分やセラミドの活用が効果的です。

細胞間脂質をセラミドといいい、肌が外部からの刺激にさらされないようキープする成分、角質と角層の細胞を繋ぐ役割を持っているものです。

そのため、敏感肌が気になるなら、化粧品は保湿成分のアミノ系成分やセラミドが配合されているものにしましょう。

また、油分と水分を結びつけるために用いられる界面活性剤は乾燥肌によくない成分ですので、化粧品選択時には用心してください。

お肌のお手入れは、乾燥肌によるにきびの有無などにも影響されます。

にきびの元となるアクネ菌の繁殖を抑えるには油分を控えめにすることです。

保湿に力を入れてください。

乾燥肌によりにきびが増え、毛穴が詰まっている時は、ピーリングがいいでしょう。

古くなった角質をピーリングによって除去することで、肌の新陳代謝が促進され新しい細胞が作られます。

古い細胞の下から新しい細胞が生まれ、皮膚のターンオーバーが起きることによって保湿力が高まり、しっとりとした弾力のある肌になれば、メラニンの排出量も増え皮膚の水分も増します。

温泉にもピーリング効果があるものがあります。アルカリ温泉で肌がつるりといるのは、角質を溶かしているためです。

投稿者 水嶋 ヒロ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/26597077

この記事へのトラックバック
脚痩せるんるん♪美脚の創り方