無添加基礎化粧品の添加物


着色料や香料などの合成物が、無添加と記載されている基礎化粧品であっても配合されていることがあります。

どうして無添加基礎化粧品は、無添加うたっているのにも関わらず、添加物が配合されていることがあるのでしょうか。

無添加と表示する場合の基準が曖昧だということが、いちばんの原因です。

日本では、身体に悪影響を及ぼす有害物質が規定値以上に含まれている場合を除き、無添加の基礎化粧品として販売することが可能です。

案外たくさんの方が、敏感肌などを理由に、無添加基礎化粧品の使用を検討しているのではないでしょうか。

その場合は、きちんと成分表示を確認してから購入するようしてください。

中にはアレルギー反応を少量であっても、合成物に対して起こしてしまう方もいるのではないでしょうか。

メーカーに、化粧品の配合成分の詳細をたずねてみることをおすすめします。

一般的な基礎化粧品では、肌がボロボロになってしまったり、我慢できない程の痒みを感じてしまったりするほど、重症のアレルギーを持っている人も中にはいらっしゃいます。

無添加基礎化粧品を使用する前に、そのような方は、一度皮膚科に行って相談することが重要です。

皮膚科の病院で自分の肌に合った基礎化粧品を選んでもらえるケースが多いそうです。

今無添加の基礎化粧品を使いたいと思っている人は、化粧品で副作用を起こさないように、皮膚科に相談すると良いでしょう。

投稿者 榮倉奈々
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/27615807
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
脚痩せるんるん♪美脚の創り方