メイク落としの注意点




メイク落としは毎日の事なので間違った落とし方をしていると肌年齢にも影響するので注意が必要です。

メイク落としに際して気をつけるべきことは何でしょう。

まずは、指の腹でまるを描くようにクレンジングを使うことです。

肌トラブルを回避するには、メイク落としで化粧を隅々まで落とすことと、指で強くこすっては肌に負荷をかけないことです。

メイク落としとマッサージを同時に行っている方は注意が必要です。

スキンケアの一環としてマッサージをしている人の中には、メイク落とし時についでにしているという方もいます。

ですが、クレンジング剤を肌につけたまま長時間いると、肌に必要な油分をクレンジング剤が取り去ってしまうこともあります。

できれば、専用のクリームでマッサージをしましょう。

クレンジングや洗顔に使う湯は、入浴時の湯よりややぬるめの33度前後が最もいいといわれています。

33度くらいのぬるま湯を使うと、汚れや余分な皮脂が浮き上がってきて洗いやすく、肌に優しい洗顔ができるといいます。

また、メイク落としにはクリームタイプやジェルタイプのものなら肌に負担がないという人もいますが、必ずしも正しくはありません。

メイク落とし時にどちらのクレンジング剤を使う場合でも、界面活性剤が配合されている以上はじっくりとクレンジングをしなければなりません。

適切な方法でメイク落としをするためにも、肌タイプに合ったクレンジングを使いましょう。

投稿者 友近由紀子
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29466985
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
脚痩せるんるん♪美脚の創り方